Home

 

日本で唯一の宇宙天気予報センター

太陽は地球に最も近い恒星であり、その活動は様々な形で私たちの生活に影響を与えています。
 太陽は約46億年の長きにわたり輝き続けていますが、これは水素がヘリウムに変わる核融合によって熱と光を出していることが知られています。この天然の核融合炉に対して地球は2つの強固な防護壁を持っています。
 一つは地球の持つ磁場であり、磁気圏(じきけん)と呼ばれています。これが太陽からくる太陽風と呼ばれる電気を帯びた高温の気体が地球表面に届くのを防いでいます。
 もう一つは地球の大気(超高層大気)であり、X線や紫外線が地表に届くのを防いでいます。これら2つのバリアが太陽活動から生命を守ってくれています。
 ただし、太陽活動の状態によっては、この磁場のバリアをすり抜け、その一部が地球近くにまで到達することがあります。これにより特に、人工衛星や地上の通信・放送インフラに大きな影響があることが知られています。特に近年では、人工衛星による測位への影響が問題となってきています。
  我々情報通信研究機構では、1988年以来「宇宙天気」を業務として継続的に情報提供を行うとともに、宇宙天気予報精度の向上のための研究として観測装置の開発やシミュレーション技術の開発を行っています。

宇宙環境研究室長 石井 守

What's New

2016.06.14
第11回宇宙天気ユーザーズフォーラム 開催
2015.12.01
【CQ ham radio 12月号】NICTの研究スタッフがやさしく教える宇宙天気入門 最終回「電離圏現象あれこれ」
2015.11.25
【日経サイエンス 2016.1月号】宇宙天気の予報体制を強化
2015.09.01
【CQ ham radio 9月号】NICTの研究スタッフがやさしく教える宇宙天気入門 第3回「太陽からの風による磁気圏・電離圏の嵐」
2015.08.31
 -09.02
平成27年度MTI・ISS-IMAP・SLATS 研究集会 開催
2015.09.01
【CQ ham radio 9月号】NICTの研究スタッフがやさしく教える宇宙天気入門 第3回「太陽からの風による磁気圏・電離圏の嵐」
2015.08.31
 -09.02
平成27年度MTI・ISS-IMAP・SLATS 研究集会 開催
2015.07.17
第10回宇宙天気ユーザーズフォーラム2015 開催
2015.06.25
NHK【おはよう日本】北海道稚内でオーロラ観測
2015.06.01
【CQ ham radio 6月号】NICTの研究スタッフがやさしく教える宇宙天気入門 第2回「太陽活動予報と無線通信障害」
2015.04.20
2015年3月17日に発生した磁気嵐(“St. Patrick's Day Event”)の予測について
2015.04.16
【読売新聞(大阪)】宇宙天気予報外れる 11年ぶりオーロラ 磁気嵐を過小評価
2015.04.15
【読売新聞】宇宙天気予報外れる 11年ぶりオーロラ 強い磁気嵐予測できず 専門家ら原因調査へ
2015.03.02-05
第3回AOSWAワークショップ 開催
2015.03.01
【CQ ham radio 3月号】NICTの研究スタッフがやさしく教える宇宙天気入門 「電離圏観測データの読み方」
2015.01.23
国立科学博物館「ヒカリ展」 ギャラリートーク
2015.01.10
【電波技術協会報 1月】宇宙天気の最新動向
2015.01.01
【CQ ham radio 1月号】太陽観測データから考える2015年の太陽活動
2015.01.01
【朝日新聞】光を探る 太陽のフレア 影響監視
2014.12.05
平磯100周年記念式典 開催
2014.10.28
国立科学博物館 「ヒカリ展」 出展協力
2014.10.09
【毎日新聞・毎日新聞(大阪)】 大震災 宇宙空間でも異変 情報通信研究機構発見、防災に役立つ可能性
2014.10.03
平成26年度第1回STE現象報告会 開催
2014.09.22-24
平成26年度MTI 研究集会・ISS-IMAP研究集会 開催
2014.07.24-25
夏休み特別企画にて、宇宙天気予報会議公開
2014.07.05
太陽電波観測システム完成記念式典 開催
2014.03.20
太陽風観測衛星データ受信システム完成記念式典及び第9回宇宙天気ユーザーズフォーラム 開催
2013.11.28-29
NICTオープンハウス2013にて、宇宙天気予報会議公開

関連サイト